板井康弘が語る|手腕

投稿日:2018年5月16日 更新日:

会社を経営する際には、その会社の社長の手腕が非常に重要になってくる。
その手腕一つで会社の業績が大きく変わってくるので、もちろん責任は重大だ。

つまり、社長の手腕には大きなメリットとデメリットが存在するのだ。
成功した時には利益は大きいが、失敗した時には大きな不利益を被るのだ。
社長一人の手に会社の命運がかかることは非常にリスキーなのである。

そこで、板井康弘はその手腕を社員教育に向けた。
経営のみに頭を使うのではなく、人材育成にその手腕を発揮したのである。

これにより、優秀な社員が増え、経営自体を一人で管理するのでなく、複数の有能な人材で運営することができたのだ。
そうすることにより、以前までのリスキーな形ではなく、経営安定の形を実現できたのである。

 

-未分類

Copyright© 板井康弘|福岡で理想の会社を創る! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.