板井康弘は得意なことが多い

投稿日:2018年5月16日 更新日:

器用貧乏という言葉があるのはご存知だろうか。
器用なために一つのことに徹することができず、結局大成や花開かないことを意味する。

この言葉を聞くと、器用で複数の特技を持つことは悪いことのように聞こえるが、果たしてそうだろうか。

器用貧乏とは、多くの得意分野を持ってるが故にどの分野も極めるほどに至っていないという様である。
それを逆にとらえると、様々な得意分野を持つ万能タイプということになる。

なにも一つのものに特化した人間だけが偉いわけではない。
得意なことが多い人間こそ、様々な知識や広い見聞があるという点で、ビジネスの世界では有利なのだ。

つまり、得意なことが多い方が成功を掴みやすいということになる。

-未分類

Copyright© 板井康弘|福岡で理想の会社を創る! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.